質問をクリックしていただくと、回答が表示されます。

 CO2濃度の表示はどのように見られるのでしょうか?

スマホやタブレット、パソコンで見ることができます。
過去24時間の変動、20台までのCO2センサーのCO2濃度を一覧で見ることができます。

 CO2センサーが故障した時の対応はどうなっていますか?

CO2センサーはレンタルですので、故障した場合は交換します。
故障や不調など、問題のあるCO2センサーを特約店に返却してください。正常なCO2センサーをお店や施設に送付いたしますので、ご自身でお取り換えてください。
年間利用料は、利用できなかった期間を除いて請求をさせていただきます。

 お客様などもCO2濃度を見ることができますか?

スマホやタブレットなどでQRコードを撮影することで、お客様もCO2濃度を見ることができます。
QRコードは、A4ポスターや案内カードに表示されています。
お店や施設がこのシステムを導入しても、CO2濃度をお客様に開示しないと、単にお店が電気代を節約しているだけに誤解されるリスクがあります。
地球温暖化防止に貢献し、利用者の感染症防止に十分な配慮を行っていることをきちんとお客様に伝える事が重要です。

 換気スイッチのON/OFFができない場合は、どうすればいいですか?

換気システムによっては、強弱しかない場合や曜日・時間帯によってプログラムされている場合があります。
CO2濃度が1000PPMを大きく下回っている場合には、プログラムのONの時間を短くすることで、電気代の節減につながります。

 キッチンの換気扇の影響は?

キッチンの換気扇は、匂いやガスの使用の問題があるので、キッチン使用時には必ずONにすることが必要です。
キッチンが店の中央にあって換気扇の風力が強い場合には、入口から入った外気がショートカットされ、店の奥の空気がよどんで、客席のCO2濃度が下がらない場合があます。その場合は、店の奥に別の換気扇が必要となります。
キッチンが店の奥にあり、店の換気がキッチンの換気扇でのみ行われている場合も、CO2濃度の管理には不向きです。

 換気フィルターの影響はありますか?

換気フィルターが詰まっていると十分に換気がされないため、電気を使っていながらもCO2濃度は1000PPMを越えがちです。

 客席でコンロを使用する場合は?

卓上コンロや客席にコンロが付いている場合は、呼気によるCO2濃度を正確に測定できないため、CO2濃度の管理には不向きです。

 個室がある場合は、どうしたらよいでしょうか?

個室独自に換気扇が必要です。換気扇が無いと、短時間で1000PPMを超えてしまいます。
エアコンの電気代を考えると、利用時には換気扇のスイッチをONにし、非利用時には換気扇をOFFにする必要があります。
もし、換気扇が無い場合は、空気清浄機で対応せざるを得ません。

 CO2センサー1台でも有効な場合はありますか?

飲食店などで、お店が広く、座席からCO2センサーの設置場所がわからない場合には、CO2センサー1台でもC-Kanスペシャル導入の意味はあります。

 店内のCO2濃度は均一なのでしょうか?

均一ではありません。
外気が時折入るお店の入口近くのレジの所にCO2センサーを置いても、店内のCO2濃度の管理はできません。
お店の中でCO2濃度が高くなりがちなテーブル席のそばにCO2センサーを置く必要があります。
C-Kanスペシャルでは、CO2換気アドバイザーが適切な場所を選択して、CO2センサーを設置します。
コンセントが近くに無い場合にはコンセントの新設が必要な場合もあるため、そのための工事(費用は店の負担)を行うかどうかをお店側とよく相談してください。

 CO2換気アドバイザーの資格は?

一般社団法人日本環境保健機構のオンライン講座を受講し、テストを受けることで、資格を取得できます。
資格取得者は、お店や施設が確認することが可能となっています。

 オフィスの場合は、どのようにすればよいでしょうか?

在席状況によって変わります。
ほとんどの社員が一日中在席している場合には、換気をOFFにする時間が少ないかもしれませんが、勤務時間が終了し、退社する社員が多くなれば換気をOFFにします。

 博物館や美術館での利用方法は?

CO2濃度を測定検証し、換気のON/OFFで対応しますが、混んでいて1000PPMを越えそうな場合には入場制限が必要になります。
前もって予約受付が必要かどうかの判断にも役立ちます。

 春、秋にエアコンを止めることについて、どうしたらよいでしょうか?

窓を開けることで、適切な室温や湿度が保たれる場合には、エアコンを止めた方が電気代削減に役立ち、感染症の予防にも役立ちます。

 全熱交換器がある場合、運用はどうしたらよいでしょうか?

全熱交換器がある場合には、エアコンの出力を弱め、電気代節減につながりますが、より電気代節減を行うには、全熱交換器が無い場合と同様に、CO2濃度によって換気のON/OFFを行いましょう。

 デモ機利用の目的は?

2つの目的があります。
一つは、お店の通常のCO2濃度が高いかどうかのチェック、もう一つは換気スイッチをOFFにした場合のCO2濃度の検証です。
前者は、換気フィルターが詰まっていないか、換気能力がそもそも低いかどうかのチェックとなります。
換気をしても1000PPMを超えている場合には換気設備の強化や窓開けが必要です。
後者は、換気をOFFにする時間がどのくらい長くなるかのチェックです。
換気がほとんど不要な場合もあり、その場合には大きな電気代節減効果が得られます。

 電気代節減額とかかる費用の割合は?

年間120万円(月10万円)の電気代の場合、10%(12万円)から25%(30万円)の電気代節減が見込まれます。
CO2センサー1台につき、年間5万円(導入費5万円)がかかるので、年間電気代の5%を目安にします。