コロナ禍で
集客に苦労
されていませんか?

安全だけでなく、
お客様に安心をお届けする時代へ

コロナ禍で集客に苦労
されていませんか?

安全だけでなく、
お客様に安心をお届けする時代へ

コロナ禍で集客に苦労されていませんか?

安全だけでなく、お客様に安心をお届けする時代へ


沢山のお客様が集まるお店や施設において、行政主導で安全が求められ、それぞれの対応や対策を行ってこられたことと思います。
しかし、立ち止まって考えてみると、お客様が求めていたのは安全ではなく、安心だったのではないでしょうか。

例えば、コロナ禍でも焼肉店が多くのお客様を獲得している理由の一つに、換気がいいことがあるのではないでしょうか。焼肉から出る煙を強力に吸い込む様子は換気を実感し、お客様に安心感をもたらしていると思われます。
しかし、残念ながら他の業態では換気の良さを実感することが難しいのではないでしょうか。

例えば、コロナ禍でも焼肉店が多くのお客様を獲得している理由の一つに、換気がいいことがあるのではないでしょうか。焼肉から出る煙を強力に吸い込む様子は換気を実感し、お客様に安心感をもたらしていると思われます。
しかし、残念ながら他の業態では換気の良さを実感することが難しいのではないでしょうか。

C-Kanプロジェクトでは、「換気の徹底により、感染症に負けない日本をつくる」ことを目標に、お客様の換気への知識を高め、換気の状態を見える化し、お客様が安心できるお店作りを支援する活動を行っております。

なぜ換気の徹底が必要か。コロナウィルスの特性がわかってきた。

詳しくはここをクリック

当初WHOの見解では、コロナウィルスは飛沫感染と接触感染のみで、飛沫はすぐに落下するためウィルスが空気中を長く漂うことは想定されていませんでした。
しかし、ウィルスが3時間以上漂って生存することがあることも分かってくると、WHOは2021年4月、ホームページで公開されている主な感染経路の中に、空気感染もあることを明記しました。
同年12月に更新された最新版でも「エアロゾルが空中に浮遊したままになるか、あるいは会話をする時の距離よりも遠くに移動する」として、空気感染に注意を促しています。
日本でも2022年3月28日、国立感染研究所の見解として、感染の経路は主に3つあり、
(1)エアロゾル感染
(2)飛沫感染
(3)接触感染
であるとして、エアロゾロ感染を認めました。
今後、日本でも換気の徹底があたりまえになり、国としての換気対策の後押しが進むものと予想されます。
※尚、エアロゾル感染の明確な定義は無いようですが、≒空気感染とお考え下さい。

C-Kanプロジェクトとは

C-Kanプロジェクトとは、CO2濃度管理による換気の重要性を皆様に理解していただき、店舗や各種施設を安心できる室内環境に導くための社会運動(ソーシャルムーブメント)です。

あすぷろ実行委員会が中心となって、セイコーソリューションズ株式会社による「CO2計測による3密回避支援サービス」をベースに、一般社団法人 日本環境保健機構のご協力を得て、店舗や各種施設と皆様をつなぐ独自プロジェクトを立ち上げました。

お客様に安心できるお店であることを訴えるには、CO2濃度を知らせるだけでは不十分です。「換気の徹底により、感染症に負けない日本をつくる」という社会運動に積極的に参加しているというお店の姿勢によってお客様の共感を得ることができ、ひいては、それが集客につながると考えています。
そのために、C-Kanプロジェクトは、単にCO2濃度を測定しお知らせするだけではなく、テーブルなどに置くPOPによって、お客様にこのことをしっかりとお伝えして参ります。

換気による空調管理の整った店舗や各種施設の方々は、是非、C-Kanプロジェクトにご参加ください。
CO2濃度管理による換気の重要性を理解するお客様を増やすことで、感染症に負けない日本を一緒につくりましょう。

コロナ禍における
安心できる室内環境とは

コロナ禍における安心できる室内環境とは

換気が不十分な場合、感染者の呼気に含まれるウィルスが空気中を漂い、ウィルスを吸う量が多くなることで新たな感染につながります。

空気中の二酸化炭素濃度は0.04%程度ですが、呼気にはCO2が3~5%と多く含まれていることから、CO2濃度を測定することによって、感染者が室内にいた時の空気中に漂うウィルスの量のレベルが分かります。

1970年に制定されたビル管理法では、安全確保や健康維持の観点から、環境衛生管理基準を1,000PPM(0.1%)と定めました。感染症対策としての換気の指標として使うことを意図したものではありませんが、1,000PPMが感染症対策における有用な換気の目安であることが広く認識されています。

お店や施設においては、ウィルス量を計測することはできませんが、このCO2濃度を測ることで、感染対策に対する一つの指針を示すことができます。

C-Kanプロジェクトでは、このCO2濃度を常時監視し、お客様に安心を伝えるシステム「C-Kanシステム」を提供しています。

1,000PPMってどれぐらい?

室内では、換気が良ければ1,000PPMを超えることはまずありませんが、狭い車内で外気導入ではなく内部循環にしていると、数分で1,000PPMを超えることに驚かされます。
また、寝室のドアを閉めて寝ると、起床時には1,000PPMを大幅に超えることが多いです。

C-Kanシステム3つの安心

測定器データの正確性

経済産業省の定める
二酸化炭素濃度測定器の選定等に関する
ガイドラインに従い
校正機能が付いた測定器を使用
5分ごとの生データを
POPに記載されたQRコードから
スマホなどで確認することができます

測定場所の妥当性

レジ横に測定器を置いても
正しい測定はできません
日本環境保健機構による研修を受け
資格を取得した検査員が
高い数値を示す測定場所を特定し
適切な計測場所に
CO2濃度測定器を設置します

換気についての知識と
理解が得られる

CO2濃度とは何なのか?
換気がなぜ重要で
なぜ感染症防止につながるのか?
POPに記載されたQRコードから
スマホなどで学ぶことができ
お客様の安心につなげます

お知らせ

C-Kanシステムのご相談

まずは、ご相談ください。

お気軽にお問い合わせください。

※お問合せ後に、お近くの特約店担当者からご連絡申し上げます。