【フィブリノゲン製剤などによるC型肝炎訴訟】 中日新聞記事「C型肝炎、救済広げて 出産の喜び暗転、闘病40年の薬害訴訟原告」

【フィブリノゲン製剤などによるC型肝炎訴訟】 中日新聞記事「C型肝炎、救済広げて 出産の喜び暗転、闘病40年の薬害訴訟原告」

 中日新聞に、C型肝炎訴訟名古屋弁護団の原告さんが取り上げられて

います。※但し、この記事の中で「自身も2015年に治療薬のおかげで治癒した」というのは誤りです。

治療薬でC型肝炎ウイルスはなくなりますが、肝硬変や肝癌にまでなった人の肝臓は元には戻りません。

 中川さんは肝硬変なので、今も肝臓は、表面が凹凸し線維化し続けており、

いつ、肝がんになるかわからず、不安を抱き続けています。

https://www.chunichi.co.jp/article/142877


20201030144746-0001

20201030144746-0002

20201030144746-0003