【C型肝炎訴訟】ノーベル賞

2020年ノーベル医学生理学賞は、C型肝炎ウイルスを発見したハービー・アルタ氏ら3人が受賞されました。これを機会に、C型肝炎にもっと光が当たればよいと思っています。

弁護士北村明美は、カルテのない薬害C型肝炎訴訟を、平成24年からすでに8年たずさわっていますが、フィブリノゲン製剤の投与の立証が難しく、救済が受けられずに亡くなる方も何人もいます。

カルテのない名古屋原告団では、明日でようやく17名の方の和解ができます。カルテの無い方の立証責任をもっと緩やかにすべきだと考えています。